居住用の物件で事務所利用をしたい方!

2022年02月24日

事務所

 

 

新規開業者やフリーランスで活動している方は、駅前の事務所を借りるとなると賃料も高いしどうしようかな。と考えてしまうでしょう。

そんな時に居住用の物件を事務所として借りる事が出来たら相場よりも安く借りれるんじゃないかと思いませんか?

 

 

居住用物件でも事務所利用として契約できる物件もございます!

ですが、物件を探す際にいくつか注意をしなければいけない点がございます。

今回は事務所利用可能物件SOHO物件についてご説明いたします。

 

 

1つ目は、2LDK~3LDKタイプのマンションをオフィスとして利用する事が出来る物件。

2つ目は、SOHO物件といって、事務所兼自宅として利用できる物件の事を言います。

事務所と自宅の両方で使用でき、プライバシーも重視出来る為、好まれます。

 

 

ですが、居住用で事務所利用できる物件は物件数はすぐ少ないのです。

その理由としては、、、

一番は防犯面での不安です。

物件内にはもちろん居住用で入居されている方がいらっしゃいます。

不特定多数の出入りがあると、入居者とのトラブルもあると思われる為、許可が下りないのでしょう。

 

不特定多数の見知らぬ人が出入りするのですから、入居者は不安になるのも仕方がありませんよね。

 

また、居住用物件でも事務所利用となると税金面での負担も変わってくる為、その際は不動産屋に事前確認を行いましょう)

 

 

 

SOHO物件を探す際のポイント!

 

居住用物件を勝手に事務所利用する事は禁止です!

バレないと思ったら大間違いです!

表札やHP、入居者からのクレームなどから必ずわかってしまいますので、

事務所利用・SOHO物件を探す際は必ず事前に事務所利用することを伝えてください。

お客様の条件に近い物件があったとしても全ての業種が貸主様から許可が下りるわけではありませんのでご注意下さい。

 

 

 

 

SOHO物件は低賃料で抑えらますが、その分物件数が少ないです。

ランニングコストをなるべく抑えたい!そうお考えの方は一度弊社へご相談下さい。

 

 

 

 

お問い合わせはコチラから✰