テナント探しのポイント!

2022年02月19日

握手

「自分の条件に合う物件がなかなか見つからない、、、」

とお困りの方いらっしゃいませんか?

 

 

条件に合う物件を見つける事はとても難しいですよね。

 

 

今回はテナントを探す際のポイントをお教えします!

是非、ご覧ください。

 

 

 

 

 

【1】依頼する不動産屋を選定する

 

営業担当者との付き合い方がとても重要です。

お客様もお仕事で忙しいかと思いますが、物件紹介を受けたら、必ずその物件の良い所、悪い所を伝えて担当者と自分の店舗イメージを同じにすることです。もし、お客様が決裁者ではない場合でも「上席の回答をいつまでに回答します。」などと約束しておくと良いでしょう。

 

営業担当者は「この方は弊社で物件を決めてくれる人だ」と認識し、その時点で見込み客になりますので、営業担当者も力を入れて物件探しをしてくれます。

 

 

POINT やみくもに業者に依頼しても無駄ばかりになってしまいます。なぜなら不動産屋にも得意・不得意で力の入れ場所が異なるからです。問い合せ時に「この地域で他に取り扱っている物件はありますか?」と聞いてみて確認する事でスムーズに物件探しが出来るはずです。

 

 

 

 

 

 

【2】未公開物件にアプローチする

営業担当者と関係性ができてくるとネットに公開されていない未公開物件を紹介してくれるようになります。

 

ポータルサイトに掲載されている物件は、実際に募集されている物件のほんの一部です!

市場には出ていない物件情報を知れると候補物件が多くなりますよね。

 

 

 

 

 

【3】人気の物件は他にも検討している人がいる!

 

立地が良くて賃料も相場より安い物件が良い!って皆さん思いますよね?

条件の良い物件はその分、競合が多いのです。その場合、申込になった場合でも厳しい成約条件をつけてしまうとオーナー様も「それなら他に申し込みを入れてくれてる方にしよう」と思ってしまう場合がございます。スムーズに交渉を進めていけるかどうかは、営業担当の力になってきますので、営業担当との丁寧にコミュニケーションしておくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

~まとめ~

 

 

今では不動産屋はコンビニよりも多いと言われています。

その分、様々な分野で営業してる会社がございますので、事業用に強い会社・居住用に強い会社・売買取引に強い会社、お客様がお問い合わせした会社はどの分野に特化しているのかを確認し、営業担当とのコミュニケーションを大切にすることで、物件紹介やお客様にとってもメリットが増えてきますので、「自分はこの物件を借りてやるんだぞ?」という気持ちではなく、「力を貸してください」という気持ちで営業担当と接する事が大切です。

 

 

 

 

 

さて、物件が決まったら次は申込を入れて契約です!!

 

申込から契約までの流れはこちらの記事をご覧ください↓

 

 

 

 

契約までの流れ✰