保証会社の審査内容って?

2021年09月02日

人

近年は保証会社の利用が必須な店舗が多くなってきました!

 

 

 

 

ですが実際、

 

「審査内容って?」

 

「料金はいくらかかるの?」

 

「そもそも保証会社ってなに?」

 

など、お客様から聞かれる事が多いです!

 

 

 

今回は、保証会社の利用が必要なわけを簡単にご説明させていただきます!

 

 

 

【1】保証会社とは??

 

物件図面や申込書提出の段階でよく耳にする「保証会社」。

 

保証会社とは家主(貸主)が賃料を安定して回収する為のものです。

 

物件を借りている入居者が家賃の支払いを滞納してしまった場合に、入居者の代わりに立て替えて家賃を支払います。

 

【POINT】店舗は居住以上に家賃の滞納が起こりやすい為、保証会社の利用が必須の店舗が多いのです。

 

 

 

 

【2】保証会社の審査基準

 

「この人を保証しても損をしないか」という視点で審査をされます。

 

 

↓審査の通りにくいパターン↓

 

・賃料が高額で滞納リスクが高い

 

家賃が高いほど、滞納時、保証会社が負担する額が大きくなります。

その為、審査は通りづらくなります。

 

 

・入居者の開業資金が少ない

 

運転資金が十分に確保されていない場合、計画性がなく、閉店リスクも高いとみなされます。

家賃滞納がおきる可能性が高い為、慎重に審査が行われます。

 

 

【3】 審査にかかる時間

 

基本的には3~4日ほどで結果がでてくる場合もございますが、

1週間ほどかかることもあります。なぜそんなにかかってしまうのか、、、

 

↓その理由はコチラです↓

 

・審査が始まると保証会社から電話がくるのが一般的となっております、その際に電話が繋がらず本人確認が取れないとその分時間がかかってしまいます。

また、審査状況によっては追加資料を提出していただく場合がございますので、資料の提出が遅れてしまうと審査が長引いてしまいます。

 

 

 

 

【4】審査時の必要書類

 

・個人申し込みの場合

 

運転免許証:両面カラーが必要

保険証:両面カラーが必要

 

・法人申し込みの場合

 

会社登記簿:発行から3ヶ月以内

代表者身分証明書:運手免許証・保険証

 

 

 

 

【5】保証会社の利用料

 

・初回保証料

 

契約時に「初回保証料」として月額賃料+管理費等の100%を保証会社に支払うのが一般的となっています。

 

・更新料

 

保証会社の契約期間は決まっており、更新時には更新料が必要になります。

 

 

 

 

 

~~まとめ~~

 

設立間もない会社だったり、連帯保証人が立てなれない場合に保証会社を利用することによって入居が可能になるケースがある為、物件の選択肢が広がるという事もある為、契約時には費用負担がかかってしまいますが、利用するメリットがあります!